ジャガイモの栽培〜種蒔き〜

  • 2011.01.27 Thursday
  • 15:02
 

こんにちは、園芸店オヤジです。


ジャガイモの種まきは暖地で3月上旬、諏訪の高冷地では4月上旬からです。ジャガイモは畑作物で最も酸性土壌(pH5.5〜6.0)を好む植物です。

したがって窒素肥料である硫安が使われることは、今日常識になっています。

このご研究のルーツをたどれば、2000年4月号日本土壌肥料学会誌において、北海道酪農学園大学・島田聡先生、水野直治先生の論文 「ジャガイモ紛状そうか病抑制に対する特殊施肥の効果」があります。

前年石灰の撒きすぎでPHを上げ、黒いシミだらけのそうか病に悩まされたので、弊社のハスキーを散布後、直ちに定植。


7〜8冓づ擇靴疹紊卜屋造鮖局曚靴燭箸海蹇効果絶大で感激しました。
 

 種ジャガイモです


ハスキーは化学肥料なみに効くから(これ本当)、他の肥料との併用禁止令をだした私ですが、例外はあるものですね。
 
ところで、このそば殻堆肥ハスキーミックスは、原料難でごく限られたディーラーにしか取り扱いがありません。
下記二社のHPをご紹介します。
 
長野県内は松本市  株式会社松本微生物研究所 http://www.matsumoto-biken.co.jp/

福井県福井市     福種株式会社 
http://www.fukutane.jp      
 


にほんブログ村 環境ブログ 大気・水・土壌環境へにほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ  

↑宜しかったらクリックをお願いしますm(_ _)m


コメント
オヤジさん、こんにちは。

「酸性」は悪いばかりではないのですね。

作物によって、土壌成分を調整しなくてはならない事が分かりました。

しかし、栽培したい作物が何を望んでいるのか?

どこを甘やかせてはいけないのか?

性質も勉強してからでないと、失敗へ続くのですね……

最近、蕎麦殻の入手が困難になってきたのか……

茨城とかでは、そば畑を結構、見かけますけど、それはほんの一握りの栽培地なのかもしれませんね。
  • ちば!
  • 2011/01/27 5:58 PM
ご質問の件に全部答えられないのが残念です。
すみません。

一例として、家庭菜園によくある事なのですが、石灰資材の撒きすぎで大根の表皮が鮫肌・中心部分が赤芯などの障害が出ることがあります。

そこで、きめのよいジャガイモができたその場所での後作に、大根を作ると問題解決になったりします。

つまり大根もPH5.5〜6.5の領域の植物であり、高PHでは硼素(B)の吸収が妨げられる。

そんな時はソフトシリカ(=商品名=珪酸塩白土・後でソフト・シリカ社に広告代を請求すべきかなぁ…?)など使うと問題解決が早いです。

>茨城とかでは、そば畑を結構、見かけますけど、それはほんの一握りの栽培地なのかもしれませんね。

そうですね。
そして、そば殻は少量では発酵できません。
信州もそば処と言われますが、国産のものは、一般への出荷がなされるほど生産されていないのが現実だと思います。
  • 菊地虎男
  • 2011/01/28 1:47 PM
オヤジさん、こんにちは。

さすが、専門家のご意見は違いますね!

農家の方に、いろいろ伺っても、農薬規制が、やれチョーチンだの、今回使った堆肥が、あーだのこーだの……

なので、今回は出来が悪いだの……
という話を幾度となく聞いてはいましたが、やはり土壌チェックはすべきなのですね。

そういった「計測器」は販売されているのでしょうか?

>ソフト・シリカ社に広告代を請求すべきかなぁ…

誰かが、「ソフト・シリカ」って検索欄に書き込んだだけで、オヤジさんのこの日記も検索エンジンにヒットしちゃうんじゃないっすかね?



>そば殻は少量では発酵できません。

え゙っ!?
そうなんですか?

私は詳しく「発酵」のフローは知りませんが、蕎麦殻が発酵に至るには、どのくらいの量が必要なのですか?
  • ちば!
  • 2011/01/28 7:49 PM
ちば!さん、こんにちは。

計測器は当店のような専門店には売っていると思います。
ホームセンター辺りでは、売っていないのではないかな……?

>蕎麦殻が発酵に至るには、どのくらいの量が必要なのですか?

以前、少量の発酵を試みた事が有ります。
その結果、有機物を発酵させるためには少量の材料では、発酵の持続性が保てない。
活発な発酵もない。
理由は突き止めていませんが、その様な結果でした。

学会誌には、バケツ一杯程度の材料で実験して、コレコレ云々なんて論文が載るんですが、これは机の上で堆肥作りをしているの?と私は疑問に思っていますよ。

  • 菊地虎男
  • 2011/01/29 2:24 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM