SOS!街路樹が枯れる!〜治療の症例〜

  • 2011.02.02 Wednesday
  • 09:42


こんにちは、園芸店オヤジです。


今日も昨日に引き続き、除草剤の話です。

とは言うものの、農薬メーカーさんのお叱りを受けないために、最初に指摘しておきます。
ここで書きます除草剤とは、あくまで非農耕地用にして、その形状が粒状の物を言います。

したがって農耕地用として、液状で水で薄めて雑草の頭に散布するタイプの除草剤ではありません。
こちらの方は筆者も便利に使用しています。

粒状除草剤も的確な場所と使用方法なら、問題は起こらないはずです。

しかし、昨日も書きましたが、樹木の根系は意外に広範囲に及ぶので、境目がわからないことから問題が起きやすいのでしょう。

除草剤の影響は、生長点・樹冠付近から先に反応が出ます
そしてそれは、除草剤散布の地点側の枝から枯れ症状が現れます。

根から水みち・導管という経路を経ていくのですから当たり前ですよね。


これは、一事例として挙げる事ですが……

平成7年の事で、完全に時効ですからお話ししますが、わたしが住んでいる諏訪市の隣には、茅野市が有ります。

その茅野市役所の、玄関口に植えられた街路樹の、ケヤキ及びナツツバキ30数本が、植えても植えても次から次へと枯れてしまうと言う事件がありました。

地元の造園業者さん達も、樹木医さえも、理由が判らず、皆が匙を投げました。

そこでわたしにお鉢が回ってきたというわけでした。

まず、造園業者さんからご相談を受けました。
その後、役所の方からお話しを伺い、勿論ピンと来ました。

そして上記に書きました、除草剤による症状を伺いました。

「樹木の頭の、先端部の方から枯れていくのでは有りませんか…?」
「その通りです!」

そして問診の決め手は…

「インターロッキングの隙間から雑草は生えていますか?」
「生えていません」
「ではどんな除草剤を使用したか明日までにお答えください」

当時は造園業者さんにも、この除草剤の影響という情報は行き渡っていなかったので仕方なかったのかも知れません。
 
造園に関わる業者諸氏は勿論、人間誰しもご自分のミスは告白しがたいと思います。

…………


本文とは関係有りませんが、ハスキーミックスで培養中の苗。
根がとても元気です。





水質環境を考える場合でもそうです。

諏訪地方はこの時期、今年であれば最低気温−7〜8度C。
冬の凍てつく中、肥料が川の中に飛び込むはずはないですね。

ですから、この、乾燥し、低温が続く時期は土壌中の肥料が川などの水中に流れ込む事は極度に少なく、梅雨の時期のように、水が富栄養化する事は無いでしょう。

そのうえ、水温の低下とくれば微生物や植物の成長も緩慢になりますから、湖沼や川の水が澄んで当たり前ではないですか。

こんな時に「さあ見ろ、わたしの手柄で諏訪湖はこんなにきれいになったぞ」と、宣伝する学者もいるのです。

…………

真実を聞き出すのは、どのような場合でも難しいもんですね。
 

この後、樹木をどう治療したのか…。
治療法は次回に説明しましょう。
 

にほんブログ村 環境ブログ 大気・水・土壌環境へにほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ  

↑宜しかったらクリックをお願いしますm(_ _)m

 
コメント
オヤジさん、こんにちは。

そうですね。
雑木類の殆どが、樹冠へ養分を優先に送るから、頂部から枯れて来ますよね。

サツキは下枝の方が強い?なんて事も読んだ事がありますが……
因みに、サツキの盆栽にも手を出した事はなく……

四季折々に変化する「葉物」しかやっていません。


「学者」なんて、「烏合の衆」にしか思えませんね。

記述や論文なんて「限られた人」だけにしか公開されていねーっすからね。
なんとも、胡散臭いですねぇ〜

やはり、現状を知って、それを実際に見て、原因を根本的なところから調査、思考の後、行動に移す。

やはり、いろいろと壁にぶち当たって、経験を積んだ人だけが事実だと信じています。

ブログは、世界中にいる興味のある、ネットを駆使している方達には、必ず読んで貰えます。

くだらねー「論文」なんかより、オヤジさんの経験話の方が、勉強になるし、おもしろいっすよ!絶対!

オヤジさん、ガンバレ!!


  • ちば!
  • 2011/02/02 8:41 PM
ちば!さんこんにちは。

ちば!さんのコメントはとても参考になります。色々な話題をわたしから引き出してくれます。

統一地方選挙も迫っているというのに、確かに環境問題の基礎的知識などは、候補者や住民に真実は伝わっていないと思ウッスヨ(アレ伝染したかな)

この10年間、たまりに溜まった証拠(出版物・新聞切り抜き・私宛書簡・面接時の名刺などなど)をもとに、具体的にお話を進めるつもりです。

その前に学問の自由・表現の自由・名誉毀損の要件は?…今頃…判例六法はどこにあったかな?恥ずかしいね。

法学部(昭和36年中央大学出=なにしろ親からの仕送りもなく、工場の夜間警備員、おなかペコペコ、成績は超低空飛行、よくも生きてこられたモンだ)卒業とは言え、こんなていたらくです。
  • 菊地虎男
  • 2011/02/03 9:55 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM