自然農法との出会い

  • 2011.03.07 Monday
  • 12:50



こんにちは、園芸店オヤジです。

MOA自然農法と、賛助会員としておつき合いしたきっかけは、その頃当店のお客様だった熱心な会員の方からのお勧めからでした。
その方は肺気腫と闘いながら、10年前83歳の天寿を全うされ、この世を去られました。


  頂いた「MOA自然農法」の本です

その方から岡田茂吉師の本を数冊いただきました。
書物の読み方・受け取り方は人それぞれであり、その方も私の立場(商人である)の良き理解者であったと思います。
 
レイチェル・カーソンがDDTやBHCなどの農薬に警鐘を鳴らしたように、岡田茂吉師は化学肥料一辺倒の農業に強い疑問を投げかけた人だと私は受け止めています。
 
頂いた書籍の内容は、多分に哲学的ではありましたが、現代の日本の農業や環境の状況を予測するような、科学的見解も大変豊富だったのです。

近年、日本列島の農地全体が富栄養化し、その為に河川・湖沼から地下水に至るまで、果ては我々の飲用水の確保もあやしくなる程水質が劣化してしまいました。
都会に到ってはもう、高度浄水装置に頼らざるを得ない状態です。

岡田茂吉師も、さぞあきれているに違いありません。

MOA大仁農場へは二回ほど視察にお邪魔しました。
そのような中途半端なおつき合いでしたが、わたしが物質的には全く利益にならない「水環境」というものに深入りしたのも、このような人々の影響を現在でも受けているからでしょう。
 

自然農法・有機農法・減農薬・無農薬…その理念は全て正しく、土肥学会誌の論文中にでさえ、しばしばその言葉のどれかが前書きに見られます。

しかし、前回申しましたが、特に病害虫の場合、健全な生態系=生物多様性の上に成り立つ話であって、ご自分の農地だけで頑張っても抑えきれないものがあります。


現在、この世で「ご活躍」されている皆さんの中には、例えばヘドロの堆積と酸欠によってユスリカを棲めなくさせて「ヨカッタヨカッタ」という学者センセイ、遊水池の意義も理解できない(具体的対案があるなら別だが)学者・政治家…行く手は険しいと思います。
 
 
 にほんブログ村 環境ブログ 大気・水・土壌環境へにほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ  

↑宜しかったらクリックをお願いしますm(_ _)m

コメント
オヤジさん、どもー(・∀・)

岡田氏の事は、知らない自分ですが……

人生って……

誰かの影響で結構、左右されてしまいますよね。

誰でも、どこかに「分岐点」を判断したり、師事しているうちに、何か思想や考えが変わって離れて行ったりする事はあるのでしょうが、そこは本人の判断なので、なんとも言えませんけどね……

ユスリカの件……

しかし、教授とか政治家、有名学者、有資格者……

日本人は「肩書き」とか、「資格」に弱いからなー
しかも、TVCMのスポンサー企業に操られている(自ら学ぼうとはせず、勝手に喋っているTVが情報源としているのが良い証拠)し、中年〜年配の方々は、マスコミ・大手企業の意見を鵜呑み傾向だし……

だから、男達は「プライド」とか「見栄」「実績」の固まりで戦いになってしまうんだよなー
たった1cmでも上に上がった気になって「俺は違う」とか思いたいのかな?

電車の席の奪い合いも都内への通勤では激戦だと聞きます。

いつから、そーなった日本男子……

もっとも、こっちでの土日祭日の自動車の運転では「早い物勝ち」「我が道を行く」で、足並みを揃えられない老若男女が多いですけどね。

とか思ってみた(笑)




  • ちば!
  • 2011/03/07 8:03 PM
ちば!さん、こんにちは。

全く大切な話です。

今朝も当地方紙でH先生の新刊の宣伝記事が載っているようですが、そもそもこの先生、10年も前から言っていることが当たった試しがない。
よくもまあ、こんな口からデマカセガ言えたモンだ。

それでも肩書きだけは立派。

しかし、金を出してまで買う本か( ゜Д゜)?

人によっては、岡田茂吉師を新興宗教の教祖と言う。
しかし、上記のマスコミや教授と比較して、科学的にも師が遙かに優って居る。
と言うより雲泥の差です。

会員の方と親しくしても、私に対して入信の誘いもなかった。
だから、私は師の哲学の部分を大事にしてきたのだと思っています。

ついでに言いますが、この新聞、私達読者の反論は一切とりあげません。

ブログのありがたさを痛感しています。
  • 菊地虎男
  • 2011/03/08 1:03 PM
オヤジさん、どもー(・∀・)

H先生のことは、何処のヘノホノモへ痔だか知りませんけど……

なんだか、スケベそうですね……「H」ってだけで。下心ありそうな印象ですわ(大笑)

まだ「S先生?」の方が堂々としているような気がしますね(_Д_)ノ彡☆

某とっても有名人の、さんまさんとか?(笑)



>だから、私は師の哲学の部分を大事にしてきたのだと思っています。


特に、入信の誘いがなかったから、オヤジさんの理論にとっては、逆に「自由発想」または、「研究意欲」を盛り上げてくれたのではないでしょうか?

固定観念を植え付けられることが無く、言っては失礼かもしれませんが、「良いとこ盗り」で良いのではないか?と私は思います。

勝手な事を書いて申し訳ないでのですが……

オヤジさんのブログは、私的には、かなり勉強になると思っていますが、他にも読んでいる方は、私以外にも沢山いると思います。

今後も、ファンを作るよう頑張って下さい。


>ブログのありがたさを痛感しています。

これからも、独自の「虎男節(失礼)」で、痛快な農法記事で楽しませて下さいね!!

ファンを増やし、ここのブログが賑やかになってくれると、楽しいだろうなぁ……(;´Д`)ハァハァ……


でも、実名(教授名、団体名とか……)をあまり曝しちゃダメヨ ヽ(・ω・)ノ 
  • ちば!
  • 2011/03/08 9:11 PM
ちば!さん、こんにちは。
いつもコメント有り難うございます。

>でも、実名(教授名、団体名とか……)をあまり曝しちゃダメヨ ヽ(・ω・)ノ 

全く仰る通りだと思います。
そうですね…。
インターネットは色々な方が読んでくれますから…
気をつけなければいけないと思いました。

今後も色々ご教示下さいね!
  • 菊地虎男
  • 2011/03/09 1:56 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM