原発事故に思う事〜何故ロボットを開発しておかなかったの?〜

  • 2011.03.28 Monday
  • 17:41
 


こんにちは、園芸店オヤジです。
地震以来、胸が痛むニュースが目にも耳にも届く日々です。

原発事故処理のニュースを見ながら、何故このような事故を想定した修復用ロボットの開発をしておかなかったのか、素人ながら疑問に思います。

NHKで毎年工業高等専門学校の生徒諸君がグループで制作したロボットを巧みに操り、ボールなどを与えられた規則に沿って迅速且つ正確に所定の場所に納める競技などを見ての話です。

日本にはこれだけの技術がありながら、何故遠隔操作で操れるロボットを作っておかなかったのか?
人間は安全な場所にいて、被曝しても影響のない身体であるロボットを操れるのなら……

人間のする事の方が正確だから、間違いがないからとお考えになるならそれは逆ではないでしょうか?

しかも、事実、この度の事故で原発の内部にて作業をさせられている人々は専門技術者などではなく、一般の人が雇われて入っていると聞きました。

イギリスのメディアには、「
その多くは原発で力仕事をしている「素人」に過ぎず、今回の重要な作業にあたる能力がないことがわかった。」とありました。

インタビューには、「作業員の叔父の菅野正夫さんは、「他人は原発の穴を塞ぐために命の危険を犯している彼らのことを原発の武士というが、信吾のような作業員はまったくの素人で、実際には何の役にも立たない。信吾のような者をこういう作業に使うべきじゃない」と語った。」

……ともありました。
日本では報道されない事ではないでしょうか。

作業に当たっている方々は、どこのどのような人と同じ「命を持った人間」です。
今、安全な場所にいる関係会社のエリートの方々とも何ら変わりは無い「命」です。

その人間を、犠牲にしているというニュースはショックなものでした。


このような、東電の下請け孫請けの人命を犠牲にするような情報は、耳にしたくありません。

内視鏡手術の如く、遠隔操作で操れるロボットが有れば……
そう思われてなりません。

 
ともあれ、私達も批判や愚痴ばかりだけではいけない、次に起こりうる土壌汚染に何か対策はないのか、考える日々が続いています。


 
 にほんブログ村 環境ブログ 大気・水・土壌環境へにほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ  

↑宜しかったらクリックをお願いしますm(_ _)m


コメント
オヤジさん、こんにちは。

今日、とうとう、福島の土壌からプルトニウムの検出が発表されてしまいましたね…


福島の方々にとっても土壌、作物は「命」と同じだと思われます…


今後、我々が生息する関東でも、何かしら放射能物質が降り注ぐ可能性がありますね…


その際は、何かと一緒に考えていただきたいのと、オヤジさんの土壌のお知恵拝借を先行予約しておきます(苦笑)


現在、業務先で携帯からのコメントなので、また後でお邪魔させていただきたいと思います。


では。
  • ちば!!
  • 2011/03/29 12:57 PM
ちば!さん、こんにちは。
お久しぶりです。

本日の朝日新聞の第一面において、昨日このブログで提案した原発事故修復用ロボットの提案話が出てきました。

特殊な天幕で事故地全体を覆うというアイデアと共に、「被爆を防ぎながら修復」と言う当たり前の結論に近づいてきたものと思われます。

下手な鉄砲も数打ちゃあたる……ですかね。
  • 菊地虎男
  • 2011/03/30 12:27 PM
オヤジさーん……

わしの質問に応えてくれてねーっすよ(笑)

ロボット技術は世界的にはホンダが先進的ですよね?

しかも、今回の災害ではト◎タより、被災地へ義援金を寄贈し、しかも発電機や、その他の機械まで寄贈したらしいのです。

あとは、三菱や日立、マキタの活動にも、個人的には期待してはいます。


国内1位の企業って、なんだかんだ言って、結局、胡座をかいている割には「無力」なんですね。というか、選民意識が強く、やる気が無い、協力する気がないと思っていた方が良いのでしょうか?

ま、売国奴的な企業ですけどね。

今回、良く理解出来ました。
結局は「金」なんですよね?

わしは、今年の耕作には、セシウムをカリウムと勘違いして吸収しやすい犠牲作物を播種しようかと思っています。

出来れば、土壌洗浄のために、サカタ、タキイの種子が入手出来れば嬉しいのですけど……

因みに、F1は困るけど(笑)


で、サカタ他以外の種子を利用したとしても、この判断は正しいのでしょうか?

ちゃんと、応えてちょ……<( _ _*)>
  • ちば!
  • 2011/03/30 9:11 PM
ちば!さん、こんにちは。

本当のところ、セシウムによる土壌汚染がどの程度のものか、今のところわかっていませんよね。
飲用水にしても降雨後は上がり、その後の報道では下がっているという。

一般論として、植物は生長期にカリウムを多く吸収するのですから、収穫期に大気中のセシウムが葉に付着したからと言って…今のところそれさえ答えられません。

そんなことで、野菜の摂取量を下げたんじゃ大腸癌の心配の方がと言う気がしますね。

そこで、私自ら人体実験いたしますので、どなたか美味しいキュウリや果物など無償で送ってくださいませんか。
  • 菊地虎男
  • 2011/03/31 7:26 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM