腐葉土からセシウム、の問題を考える

  • 2011.07.31 Sunday
  • 09:55
 


こんにちは、園芸店オヤジです。

当店オリジナルのそば殻堆肥(商品名ハスキー・ミックス)は、長野県内の各製粉所から排出されるそば殻およびそれに付随するフスマ・アラ・微粉末を主原料としています。

従って、現在問題になっています高濃度の放射性セシウム汚染の心配は全くありません。


 ハスキー50% 赤玉・鹿沼土50%で育つ鉢菊
 
今、各地ホームセンターで問題の腐葉土・堆肥の回収騒ぎになっていますね。

この事件について書きたいと思います。。
なお、この事件によって、わたくしは漁夫の利を得ようとする意図は全くありません。

寧ろ土壌や農業を研究する課程で、水環境問題(特に諏訪湖の水質)に力点を置いていることは、さかのぼって本年1月からのブログをお読みいただきますと読者諸氏の理解が得られると存じます。
 
土肥学会においても、腐葉土や堆肥の定義は明確ではありません。
学会の論文に於いても、○△畜糞堆肥を10禿たりX垰寨僂靴燭箸△蠅泙垢、その堆肥は副資材に何を使って、且つどのような方法で製造されたか、明確にされて居らず、この重要部分が欠落したりしています。

自らの手を土まみれにし、身の回りの余りある資材各種を発酵させ、土と等量混合の後、種まきを繰り返し、実験の結果、最後にそば殻にたどりついたのです。

上記の疑問が生じて当然でしょう。
 
ホームセンターの放射能汚染腐葉土・堆肥の原材料は、明らかに3月11日以後に集められたものでしょう。

昨秋の落ち葉を所定の箇所に山積みされてあったなら、物理的に落ち葉の汚染濃度が数万Bqになったでしょうか?
そして、それだけ大量の有機物が発酵という手続きを経たものか、単に腐植によるものか(これも一応腐葉土と言われてはいるが疑問)?

以前からなのですが、安物の「腐葉土」と称する商品は、ヘタをすると、ただの落ち葉に 
汚泥 を混ぜ込んだものを「腐葉土」として売っています
その事にも疑いの目を向けずには居られません。
放射能の問題が発生する以前に、何故この事が問題視されなかったのか疑問に感じます。

いずれにしても、こんなに短い堆積期間でちゃんと発酵された腐葉土が出来上がってしまう訳が有りません

これは魔法ですか?

それとも、大型店が価格競争の結果の産物ではないでしょうか。


  トマトのその後。元気一杯です。

 

 最近の上川の様子


上の画像は広瀬橋直下の現在の様子。
バイカモなどの沈水植物一切無し、堰堤の上は禁漁区、だが魚一匹見あたりません。
諏訪湖最大の流入河川上川の無惨な姿です。


にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ  

↑宜しかったらクリックをお願いしますm(_ _)m
 


 
コメント
おやじさん、お久しぶりです。


腐葉土の件…

良質なタネを播きゃ、良いってワケではなさそうですね。


ま、タネ播く畑も、しっかりしておかないと、駄目でしょう…

副資材をしっかり考えて畑を作っていかないと、ろくでもない女を…


…(笑)


いや、大事な自分の畑に毒を盛り込んだ挙げ句の果てに、自分も毒されてしまうという事なのね…(・ω・)


やはり、悪女は扱えないなー(大笑)
  • ちば!
  • 2011/08/06 12:45 PM
ちば!さん、こんにちは。
ほんとうにお久しぶりです。

悪女の話ですが、人生夕暮れになってから、全くそのような女性にお目にかかっていません。

「おくさま、これは病気ではありませんから農薬はいりません」などと言えば、お得な気持ちになって花を買ってくださる。

これは女神ですなぁ。

約8年前某大学の女性教授も「諏訪湖は…」と説明し、お考えを求めたら「今農家の過剰施肥が問題になっている…」とのお答え。
純朴な私のこと、心中「これで世の中変わるぞ」と期待しましたね。
この時は女神!

ところが、この先生、私の期待に反し、間もなく霞ヶ浦で
「もっと粗朶をあつめろ。アサザを増やせ」。
(論理は逆さまであることは、すでに本ブログでお話ししてあります)と20万人会員を扇動なさいました。

このような女性を「酷税浪費ノ巫女」と申します。

悪女じゃありません。
私の辞書にそのような言葉はありません。


  • 菊地虎男
  • 2011/08/07 4:47 PM
オヤジさん、どもー(・∀・)

>このような女性を「酷税浪費ノ巫女」と申します。

をー……たしかに……

国家権力をカサに着た「プルト大橋センセー」同様、
Wセンセーのことっすね?(笑)

日本人は「資格」や「肩書き」に弱いからなー……
ま、その地位が憧れでしょうからね……
でも、やはり肩書きや、机上の空論より、実践ですよね。

見てくる、聞いて来て騒ぐでは、自分は信用できません。

京大のK先生は、個人的に信用できますが、土壌のことまで
研究する間は無いんだろーなぁ……
  • ちば!
  • 2011/08/07 7:13 PM
ちば!さん、こんにちは。 

実は恥ずかしながら、私は京大・小出裕章先生の存在を知りませんでした。
最近知人から3冊の本を頂き完読したところです。
肩書きにこだわらず、信念を貫いた書に惹きつけられました。

今回のように、身近に事故が起きた後の結果論は誰でも言えます(残念ながら私もそのうちの一人です)。
原発の将来を予測できていながら、国民の大半が無頓着であることのもどかしさが伝わってきています。

過去に私も「火は付けても消し方が解らない」のが原発と発言しましたが、原発に同意する人々も(二酸化炭素の問題も含めて)、一応はその言い分に目を通してからにして欲しいと思いました。

土壌のことまでと、ちば!さんはおっしゃいますが、私自身、お客様の質問に「すべてを網羅することはできない」と言い訳の日々が続いています。

  • 菊地虎男
  • 2011/08/10 10:03 PM
オヤジさん、こんにちは。

人それぞれ「専門分野」があるから、知らないことがあっても仕方がないですし、「専門分野」に関わっていても、勤勉意欲が欠けている方は淘汰されてしまうかもしれません。

正直、自分だって日々めまぐるしく変化する商品や理論の知識に付いて行くのは容易ではありません。

自分もこの歳になって「日々勉強」だな……

と感じています。

学生の頃、もっと勉強をすればよかったと、日々思います。
今はネットがあるので、知りたいことをいろいろ検索出来るので、便利な世の中になったモノです。

しかし、「専門書」には敵いところが多々ありますが……
  • ちば!
  • 2011/08/11 7:16 AM
ちば!さん、こんにちは。 

老体になって気付いたこと。
専門書からの知識備蓄は確かに重要でしょう。
しかしそれ以上に大切なのは「疑問を持ちながら読むこと」ではないでしょうか。

先日『アオコが消えた諏訪湖』についての中で申しましたが、植物プランクトンが光合成(以下略)で水のpHを上げたというなら、夜間は必ず下がらなければならない。
現実は、過去に霞ヶ浦のリアルタイム情報と照らし合わして観察した結果では、どの地点(確か湖心他数カ所とも)においても、数値はバラバラでした。

出典の由来はわかりませんが、2002年頃諏訪湖水産試験場の武井薫氏ともこのことについて議論を交わした記録が残っています。

(俺って・・・こんなに執拗だから・・・女性にモテナカッタノカナ反省)

  • 菊地虎男
  • 2011/08/11 2:41 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM