土壌菌の話〜色々な放線菌〜

  • 2011.01.23 Sunday
  • 12:27
 

こんにちは、園芸店オヤジです。


昨日に続き、土壌菌のお話しを書きます。

放線菌フザリウム菌を抑える効果があります。
フザリウム菌とは、野菜や花農家を苦しめている病原菌の一つです。

一例を示しますと、トマトが元気なく下葉から枯れあがり、元気がなくなる症状を示す土壌病害があります。

萎ちょう病・根腐萎ちょう病という病です。(参考文献 農文協『野菜の病害虫診断』病原菌名Fusariumu oxyporum)

この病気を、家庭菜園で経験された人も多い筈です。

フザリウム菌が根から進入し、茎の導管や維管束でいたずらしているのですから、地上部でいくら農薬という爆弾を投下しても治りません。
 
完熟したそば殻堆肥中には、そのフザリウム菌を抑える放線菌がく存在します。

 
九州大学・緒方靖也教授著『微生物とその利用』によりますと、放線菌も糸状菌も、糸状と言う共通点はあっても太さが違う
放線菌は糸状菌の約20分の1だそうです。


抗生物質・ストレプトマイシンも土壌中の放線菌から抽出されます。
一方、後日書きますが、ジャガイモのそうか病菌も放線菌。

そして前出の、フザリウム菌を抑える有用な放線菌。

放線菌もいろいろ種類があり、一筋縄ではありませんね。
 

では、土壌病害を防ぐための有用な放線菌をどう増やすか?

「放線菌が増える環境を整える」そのための良質完熟堆肥です。

この環境作りは自然界では当然のことの筈ですが、時々無視されることがあります。

堆肥中から放線菌だけを取り出し、無機質のバーミキュライトやパーライトにこすりつけても、その中で菌は生きてはいけません。

これは細菌ばかりの法則ではありません。
他の動植物についても同様なことが言えるのです。


昨日のブログのコメントに、
「どんな進入経路で放線菌が入り込んだのか?」
…というご質問を頂きました。

発酵課程において、糸状菌は死滅するのではなく、残党は「ハスキーミックス」の中にも必ず残っています。

だから藤原俊六郎
博士(「ハスキーミックス」開発当時・神奈川農業試験場)は微生物資材の利用と評価において、田圃の稲藁を分解させるのには、特別な微生物材でなくとも堆肥で充分、という見解を示されました。

放線菌も同様にして、土や堆肥原料資材に付着していた物、空気中に浮遊していた物等々考えられますが、進入経路の特定は困難と考えます。

ただただ、ひたすら住みやすい部屋を用意してお待ち申し上げるほか……

今のところそんなところです。・・・フ〜

『農業環境を守る微生物利用技術』家の光協会



余談になりますが、本ブログを読者の皆さんに出来るだけ信用してもらえるよう、参考文献を挙げながら書きたいと思います。


コビキヌカや木片・樹皮、これらを総称してバークと申しますが、これを畜糞と混合した堆肥をバーク系堆肥と言います。

その堆肥の問題点を指摘したのは、名古屋大学・吉田重方教授でした。

この先生から、土壌についての文章を書き始めた当時・60歳の手習いの私に「論文調に説明するなら、もっと参考文献をあげなさい!」

…と私のツタナイ文章へのやさしいご返事。

この言葉をいまでも宝にしております。

 

 コンクリートマスです


ところで上の画像は、私の店から数百辰僚蠅砲△覿莢萓依の端末に設置された、巨大なコンクリートマスです。

昨年春に完成されました。

いったい何のために?


次回は日本の病める学会と環境行政の、今日までの問題点をこの画像を基に検証してみたいと思います。
 

にほんブログ村 環境ブログ 大気・水・土壌環境へにほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ  

↑宜しかったらクリックをお願いしますm(_ _)m

コメント
オヤジさん、こんにちは。

早速、昨日の私の疑問へのご回答をして頂きありがとうございます。

確かに、以前いろいろな農家の方とお話する機会があったのですが、ここでオヤジさんが仰るような「土」に関して細かい意識は持ち合わせていない方が多かったように記憶します。

ただ大量にどこからか堆肥を購入、配達していた方もいらして、数日後には変なキノコがそこから発生していたり、湯気が出ていたりしていました。

ということは完熟していないということですよね?

何かを始めよう、作ろうと思った時、私も文献(専門書)は買い漁った経験があります。

そして、それを実践して我が身で経験していく事が人間として大事ではないかと思います。

1つの疑問に対し、いろんな角度から見る、様々な研究者の著書を読む事により、多数の考えを知るということも大事であって、その中から自分に合った「最良な方法」を選択、そしてアレンジして実践に移して行くのがベストかと思っています。

オヤジさんも多数の文献で勉強なさったのですね。

今後もいろいろその知識の少しでも発表して頂けると思うとわくわくします。

ところで、画像のプール……
これは雨水の貯水槽でしょうか?
まさか水質改善のための沈殿槽??
  • ちば!
  • 2011/01/24 6:14 AM
おはようございます。

これは雨水の貯水槽ではありません。遊水池でもなく、調整池とか??

いずれにせよ、これでは間違いなく汚物製造器です。
  • 菊地
  • 2011/01/24 9:01 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM